ザ・モデル実践編 ~新規事業はセールスで決まる~
SaaS事業における”インサイドセールス戦略”と”マーケ連携”の重要性

 

コロナと共に生活をせざるを得ない「withコロナ」が定着しつつあるとともに、消費活動が”モノ”から”コト”へとシフトし、長期課金型のサブスクリプションモデルが存在感を増しています。これは、「欲しい機能を欲しい時に使いたい」という市場のニーズを、各種アプリケーションの領域で実現した「SaaS(Software as a Service)」の拡大によるものだと考えられます。

 

WEB上で提供されるSaaSのプロモーションは当然にWEB上で実行されることが多く、リスティング広告やSEOをはじめとしたデジタルマーケティングで獲得したリード(見込み客)に対し、インサイドセールス(SDR)が架電し、商談につなげていくというThe Mode(ザ・モデル)型の販売活動が今や常套手段になっています。

 

しかし、幅広く浸透した販売活動を実行していたとしても、事業目標通りの売上/LTVを確保できているSaaS事業はそう多くないのが実情です。売上/LTVの源泉は言うまでもなく「受注」ですが、そのもととなるものは「商談」であり、商談のタネとなるのは「リード」です。製品の良さが担保されている限り、SaaS事業の目標達成において課題となるのは、大抵の場合が「リード/商談」の数であり、それらが潤沢にある状態で「商談がうまくいかない」といったフィールドセールス領域がボトルネックになっているケースはあまり見られません。

 

今回はそんなSaaS事業成功の鍵を握る、「リード」獲得を担当するマーケティング部門と「商談」獲得に勤しむインサイドセールス(SDR=反響営業)間の重要性にスポットをあて、うまくいかない場合に考えるべきこと、取り組むべきことについて詳しく解説いたします。また、リードと商談双方の獲得を“ワンストップの架電”というアクションで実現する効率的な商談獲得手段であるBDR(アウトバウンドコール)の有効性と、それに不可欠な「戦略」および、SDRとBDRを併走させることの意味にまで触れつつ、SaaS事業の早期立ち上げに必要なセールスノウハウを広く・深く紹介いたします。

■開催概要

【日時】

2022年6月28日(火)11:00-12:00

 

【会場】

オンライン開催(Zoom) ※視聴方法は別途ご案内

 

【参加費】

無料

 

【登壇】

【講師】

LIFESTYLE株式会社
BPOグループ マネージャー
卯木 亮輔

 

【アシスタント】
LIFESTYLE株式会社
BPOグループ マーケティング
篠崎 玲衣

 

 

【プログラム】

  1. はじめに(講師紹介)
  2. ザ・モデル振り返り
  3. マーケ連携の重要性
  4. インサイドセールス“戦略”徹底解説
  5. BDRに向いている商材
  6. デジタルマーケティングをやっている企業がBDRを取り入れる理由
  7. まとめ
  8. 質疑応答

この機会に是非ご参加ください。

ニュース一覧に戻る