香蘭社

2015.07.07 Tue インテリア



↓↓画像の上でグリグリしてください!360°のパノラマ写真で施設内をバーチャル体験できます↓↓

 
日本で初めて磁器が焼かれた1616年以降、藩に擁護されて続けてきた有田の陶磁器産業は明治維新に続く廃藩置県ですべての販路を失うという最大の危機に陥りますが、 新たに海外輸出が許されたのを機会に万国博覧会に出品して世界中の人々に日本磁器の秀逸さを知って貰おうと 結社を誕生させました。それが合本組織香蘭社です。
香蘭社は明治8年(1875)に5人の有志により設立されましたが、 その後、明治12年(1879)には有志の一人である8代深川栄左衛門の単独経営となりました。
以来、窯業という分野で美術品から碍子製品、そしてニューセラミック商品まで三つの事業を通じて 日本の食卓文化を彩り、電気事業の一翼を担いつつ、環境事業の目に触れることのない分野で貢献してまいりました。
 
【施設情報】
施設名・・・香蘭社
住所・・・〒844-0005 佐賀県西松浦郡有田町幸平1丁目3−8
電話番号・・・0955-43-2131
営業時間・・・8時00分~17時25分
公式Webサイトはこちら
Google+ローカルページはこちら

お問い合わせはコチラ

資料請求・各種お問い合せは、お問い合せフォーム、またはお電話にて承っております。
お気軽にご連絡下さい。


ALL