2016.12.10 Sat

レジャー

銀河鉄道に乗って|ストリートビューで行く”SL銀河”東北の旅


sl%e9%8a%80%e6%b2%b3top

画像参照元 フォートラベル
 
「行くぜ東北こりゃたまらんらん」のCMで有名なJR東北の旅。みなさん「SL銀河」をご存知でしょうか。2014年4月、東北復興のために復活を遂げた観光SLです。花巻市出身の作家・宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の世界をイメージした幻想的な空間に、鉄道ファンでなくても胸を熱くさせられます。
 
今回はストリートビューで行く銀河鉄道「SL銀河 東北の旅」。普段あまり目にすることがない東北の自然と文化とともに、復元されたC58の魅力に大接近します。今度の休みは東北の旅に出かけてみてはいかがでしょうか?!参考にしてくださいね。
 

牽引機関車C58の魅力

c58%e7%b4%b9%e4%bb%8b
画像参照元 SAKURAvillage
 
”銀河鉄道”を牽引するC58は、1938年から1947年まで製造され日本の鉄道の主力動源になっていた機関車です。ニックネームはシゴハチ。岩手県営運動公園内の交通公園に展示保存されていた躯体を動力復元し、運行が始められました。
 
sl%e9%8a%80%e6%b2%b3%e4%bb%99%e4%ba%ba%e5%b3%a0
画像参照元 会津の自然と汽車
 
陸中大橋から足ヶ瀬までの仙人峠を登っていくコースでは、警笛をピーッと鳴らし全力で走るSL銀河を楽しめます。大きな煙の帯を吐き出しながら進行する姿は圧巻。可能ならば車内と車外で合わせて2回旅を計画したいところ。
 
↓↓画像の上でクリック&ドラッグすると、360°の景色が楽しめます↓↓

 
車外からSL銀河を撮影するなら、宮守駅を降りてすぐにある「めがね橋」は外せません!明治大正のロマンを感じる陸橋と東北の自然が融合した幻想的な世界には、間違いなく感動させられます。
 
%e3%82%81%e3%81%8c%e3%81%ad%e6%a9%8b
画像参照元 youtube
 
この場所は鉄道ファンにとっても聖地となる撮影スポット。東北の自然と文化、C58の雄姿を同時に捉えられる最高のロケーションです!
 
%e9%8a%80%e6%b2%b3%e9%89%84%e9%81%93
画像参照元 むらごんの思い込みWeblog
 
2014年に特別運行された「SL銀河ナイトクルーズ」では、ライトアップされた幻想的な姿を見ることが出来ました。ライトに照らされた雪が星のように輝き、本物の銀河鉄道さならが走る姿に、集まった人全員が感動。今後ナイトクルーズの予定はないそうですが、この美しい姿を二度と見れないなんて悲しすぎ。アンコール運行超絶希望します!!
 

客車の中はノスタルジックな宮沢賢治の世界

SL銀河は観光列車。C58だけが見所ではありません。様々な分野から集められたアーティスト・デザイナー・ディレクター達の協力で作り上げられた客車は、宮沢賢治作品の世界を再現したノスタルジックな空間に演出されています。
 
%e5%ae%a2%e8%bb%8a%e8%bb%8a%e4%bd%93
画像参照元 ハ~イ!オバ鉄です
 
車体外装は銀河と星座をイメージしたもの。目の覚めるようなブルーと輝く星のコントラストが素敵。漆黒の機関車との対比も素晴らしいですね。
 
↓↓画像の上でクリック&ドラッグすると、360°の景色が楽しめます↓↓

 
車内も星座をモチーフにしたデザインで溢れています。ガス灯風の照明とステンドグラスの柔らかい光に照らされているためか、時間がゆっっくりと流れて、別世界にいるような気分にさせられます。大正浪漫を模したモチーフも非現実感を与えてくれるかもしれません。ジョバンニとカンパネルラもこれと同じ景色を見たのでしょうね。
 
↓↓画像の上でクリック&ドラッグすると、360°の景色が楽しめます↓↓

 
車内の至る所に宮沢賢治や東北に纏わるギャラリーが展示されています。賢治の本も閲覧可能。東北の景色を眺めながら、賢治や東北の知識も吸収できるところも嬉しい魅力。景色が見れないトンネル走行中に楽しんでもイイかもしれませんね。
 
%e5%8d%97%e9%83%a8%e9%89%84%e5%99%a8
画像参照元 つばさ82 普段の写真とよそ行きビデオ
 
ギャラリーの傍らには「南部鉄瓶」の展示コーナーが!SL銀河カラーで作られた南部鉄器が美しい!「これ売ってないんですか?どこかで買えませんか?」としつこく聞きましたが非売品とのこと。残念。見るだけでお願いします。
 
↓↓画像の上でクリック&ドラッグすると、360°の景色が楽しめます↓↓

 
SL銀河には月や星のミュージアムコーナーがあり、そこの目玉が「小型プラネタリウム」です。列車の旅を彩る幻想的な想い出を作ることが出来る空間になっています。
 
%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0
画像参照元 東洋経済オンライン
 
ストリートビュー動画では撮影のため明りが入ってしまいましたが、実際には上の写真のように星空がきちんと再現されるのでご安心を!SL銀河は、子供だけでなく大人も楽しめる幻想的な童話の世界が再現されているアミューズメントトレインです。
 

番外編|釜石線の珍味”わさび冷麺

SL銀河は観光列車なので、乗っているだけでも楽しめます。でも、せっかく花巻~釜石まで旅するならチョット変わった名物も楽しんで見たいところです。そこでオススメしたいのが「わさび冷麺」。カフェレストランきゃびんで食べることが出来る新しい花巻名物です。
 
↓↓画像の上でクリック&ドラッグすると、360°の景色が楽しめます↓↓

 
新花巻駅すぐそばにあるのでアクセスも便利。フード・ドリンクだけでなくお土産も販売しているので、食事以外で利用しても楽しめます。
 
%e3%82%8f%e3%81%95%e3%81%b3%e5%86%b7%e9%ba%ba
画像参照元 morioka暇人日記
 
ソフトクリームのように高く盛り付けられたものはワサビです。キムチの代わりにワサビを使った和風冷麺というイメージでしょうか。レモンを絞り、ワサビを溶かしながら食べて下さい。すっきりした味わいでなかなかの美味。変化を付けながら食べられるところも楽しさがありますね。
 
カフェレストランきゃびん
電話:0198-31-3023
住所:岩手県花巻市矢沢第4地割62-27
食べログ
 

まとめ

SL銀河で行く東北の旅、いかがでしたか?SL銀河と東北の魅力がわかったと思います。東北復興のために復活したSL銀河は、何度でも楽しめる観光列車です。東北の四季折々の自然を味わいながら旅するにはもってこいのツール。人気の観光列車なので予約には苦労するかもしれませんが、是非機会を作って銀河鉄道の世界を味わいに行って下さいね。
 
JR東日本 SL銀河
 

お問い合わせはコチラ

資料請求・各種お問い合せは、お問い合せフォーム、またはお電話にて承っております。
お気軽にご連絡下さい。


Pocket

関連記事

新着記事