LIFE STYLEブログ

今年のGWはあのドラマの舞台【山口県へ】

Pocket

 

今年のGWは本州の最西端【山口県】に行ってきました。

僕は新潟県の出身なので、正直なかなか行く機会もなかったのですが・・・。

姉夫婦が住んでいる事もあり、甥っ子・姪っ子に会いに、新潟から両親とともに新幹線に乗って行ってきました。

山口県といえばやっぱり・・・フグ!

すいません。そのくらいしか知識がなかったです。。。

今回は親孝行かねてという事で、特に下調べもせず行ってきました(笑)。

後で知った事ですが、武蔵と小次郎で有名な【巌流島】も山口県なんですって。

皆さん知ってましたか?

 

かれこれ5時間の新幹線の旅。

いやぁ、なかなか遠かったです(^▽^;)

 瑠璃光寺

新山口駅に着いたら、なかなかの雨でしたが、そんなの関係ねぇ!という両親の意向によりタクシーに乗ってまず向かったのが、【瑠璃光寺

山口市内の五重塔のある名所です。国宝にも指定されてます。

 五重塔

瑠璃光寺 五重塔

天気がよければ更に良かったのですが。写真遠くてすいません。。。

ちなみに、こちらの瑠璃光寺を案内して頂いてるのは、たまたま乗ったタクシーの運転手さん。

新山口駅周辺の観光地を聞いたら、わざわざ降りて案内してくれました。

山口の方は優しいですねぇ。

サルスベリの木

こちらの瑠璃光寺の敷地内には【サルスベリの木】という木が生えています。

木の横にいるのは運転手さんです。

木の前には説明文。

サルスベリの木 説明

おぉ!本当だ!!よく見ると、色が違って木から木が生えている!!

サルスベリの木 UP

自然の神秘ですね。

この木は「ご進学に大人気!」だそうです。

明治維新史跡 枕流亭

まだまだこちらの瑠璃光寺面白くてあの明治維新「薩長同盟」に縁がありました。

説明はこちら。

瑠璃光寺 枕流亭 説明

坂本龍馬や西郷隆盛、木戸孝允らが密議を重ねていたのがこちらの【枕流亭

明治維新史跡 枕流亭

何度か移築されたそうですが、ここの2階で明治維新が始まったと行っても過言ではないですね。

うちの母親も興味津々です。(笑)

ちなみにこの中には自由に入れて、縁のある人物の説明とか色々書いてありました。

あれ、山口県面白い!

「日本の夜明け」は山口から起きていたんですね。

 

夜は姉の家で食事しました。甥っ子たちも小さいので気を使わず近くのスーパーで買い出したので割愛しますね。

旦那さんは新人さんが入ったらしく、仕事で和歌山県へ。帰ってくるのは、夜中だそうです。

お疲れ様です。

松陰神社

さて、2日目!旦那さんもお疲れのところを連れ出し、みんなで観光。

天気は曇り。雲行きは怪しい。

最初の目的地は松陰神社です。

松陰神社

はい。雨振ってます。

今回の旅行は天気に恵まれませんねぇ(・・;)

ともあれせっかくなので楽しみます!

あいにくの天気なのに観光客が多いです。

そう。上の写真でもちらっと写ってますけど、かの吉田松陰先生の生誕の地であのドラマの舞台だったんですね。

吉田松陰の没後、松下村塾出身の伊藤博文と野村靖が中心となって神社創建を請願し建てられたそうです。

 

こちらの松陰神社は山口県の萩市にあるのですが、萩市出身で松下村塾にも縁のある人物が高杉晋作ですね。

いました。高杉さん。

高杉晋作

云わずと知れた長州藩の重要人物ですね。

あ、そういえばめでたく晴れました!

 

そんな感じで、他にもいろいろと歴史のあるところを回らせて頂いたのですが、山口県面白かったです。

またゆっくり来てみたいなと同時に、日本だけでも知らないところがたくさんある事に楽しみが増えました!

 

と、こんなところで完全にプライベートなBlogは今回はここまでで。

最後まで読んで頂いた皆様ありがとうございます。

最後は1日数回しか通らないというSLを見ながらお別れです。

また、お会いしましょう!

SL 山口県

Pocket

この記事を書いた人

小林 友洋
小林 友洋
基本的にはマイペース。人の話を聞いているようで聞いていない(笑)。いやいや、意外と聞いています!自分が興味がある事、書いてきます!
プロフィールを見る
投稿一覧

この投稿者の最近の記事

partner

私たちの事業・ビジョンに共感してくれる
素敵なパートナーとの出会いを
心待ちにしています

パートナー募集について