BLOG

“キスの日”に男2人で静岡へ | LIFE STYLE 広報

だいぶ刺激的なタイトルから始まりました。
皆さんは知ってましたか?5月23日はキスの日らしいですよ。誰が決めたか知りませんが・・・
 
素敵な日ですね!w
 
しかし、こんな素敵な日に僕は弊社の岩嵜(イワサキ)と男二人で静岡へ撮影に行ってまいりました。まぁ、僕は撮影に行く機会があまりないのですごく楽しみなんですけどね!
 
撮影で遠くに行くときって、普通の旅行と違って、目的地はすでに決まってるんですよね。これが実はすごく面白くて、旅行とかって目的地から決めるじゃないですか?もしくは◯◯がしたいからココ!みたいな。これだと好きなところにいけるのですが、僕みたいなミーハーだとテレビや雑誌でよく目にする観光地しか選択肢がないんですよ。
 
撮影の場合は時間も限られているので、ロケ地の近くか帰り道から面白そうなスポットをググります。そうすると自分の選択肢にはなかったところが見つかるので新たな発見になるんです。
 
ってな訳で、今回は静岡県に行ったのですが、いつもなら伊豆・熱海・浜松くらいしか頭にない僕が限られた時間・ルートの中で行ってみた観光スポットを紹介します!
 

男の旅立ち 〜いざ!静岡へ〜

今回の撮影は開始時間が23時からと遅かったのですが、早く東京を出発して静岡で観光しよう!となりました。
和哉出発
 
岩嵜出発2
 
かなりスカした顔してますね。
この写真がボラギノールのCMみたいなのはさておき、静岡に向けてやや興奮気味に出発いたしました。
 

野を越え、山越え、谷越えて

今回は車でロケ地へと。出発地点は東京都小平市から目的地は静岡県静岡市駿河区なので、ナビを設定すると予定所要時間が3時間半。東名高速に乗って西へ向かいます!
 
ドライブ
 
なるべく早く現地に着くようにして、撮影まで観光しようと決めていたので、休憩は一回だけ足柄のサービスエリア「EXPASA足柄」に立ち寄りました。

 

EXPASA海老名
 
ここのサービスエリアは、三井アウトレットモールの御殿場の近くだったり、昨年めちゃイケとコラボしたり人気のあるサービスエリアみたいです。土曜日というのもあり、駐車場が空いてるか不安になるくらい混雑していました。
 
“キスの日”に男2人で静岡へ
 
にしても賑わってますね!美味しそうなお店もたくさんあります。
しかし、お腹も出来るだけ空かせた状態で静岡INするため軽食で済ませ、再び旅路へ。
 
ちなみに今回の運転は全て僕がしたのですが、満足感で睡魔が襲ってきても関係ない男は、スタバで元気に「抹茶フラペチーノ!
 
腹立つ
 
そういうとこやぞ。

 

特に渋滞もなくスムーズに走ることができ、14時には目的の東名高速出口である静岡に到着しました。

 

・・・さて、なにしますか?

 

 

こんな時は聞いてみましょう!

 

 

岩「OK,Google」

G「ピコーン」

岩「近くの観光スポット」

G「こんなんあるでぇ」

古・岩「三保松原って綺麗そうだね」

 

はい、三保松原に決定。

 

三保松原へ

三保松原について少し説明します。ここは静岡市清水区(ちびまる子ちゃんの地元)にある景勝地です。景勝地ってのは、「自然の景色がいい感じ」って場所のことで、三保松原に関しては日本新三景日本三大松原とのことです。
 
なんか・・・すごそうじゃないですか?w
三保松原までの道は、海沿いをひたすら走る感じでとても心地良かったです。
 
“キスの日”に男2人で静岡へ
 
この道は「いちご海岸通り」と言いまして、右は海、左にはいちご狩りのビニールハウスが続く道でした。こんな道をひたすら10㎞くらい走って三保の松原へ到着しました。
 
“キスの日”に男2人で静岡へ
 
入口は盆栽が大きくなったような、立派な松がそびえ立っています。
 
“キスの日”に男2人で静岡へ
 
松原を通り抜けると・・・
 
“キスの日”に男2人で静岡へ 

一面に海です!着地もしっかり決まって10点。

 

松に囲まれている影響なのか、波の音が普段よりはっきりと聞こえる気がします。そして、何よりも三保松原の最大の特徴であり、日本新三景になる一番の理由、それは左横をみると富士山がとても近くにはっきり見えるのです!!
 
“キスの日”に男2人で静岡へ
 
あー・・・曇天。

 

曇天とはこのことを言います!みたいな典型的な例ですね。ただ、写真では伝わりませんが本当に富士山が近いので、松の後ろに富士山がそびえ立ち、波の音を聞けるというなんとも心地の良いスポットでした。晴れの日はすごいんだろうな、行ってみたいなと本気で思う場所でしたね。
 
少しここで波の音を聞きながら休憩しようとしたら、岩嵜が一人でそっと海の方へ・・・
 
男
 
彼もLIFE STYLEの創業メンバーとして1年ちょっと。彼を取り巻く環境も大きく変わり、楽しいことも辛いこともあったと思います。彼はポジティブに黄昏ているのか、ネガティブに黄昏れているのか。昔、小学校の先生に「相手の気持ちを知りたかったら、相手の目線に合わせて考えるのよ」と教えられました。
 
 
折角なので、彼の目線を見てみましょう。後ろからそっと近づき・・・
 
“キスの日”に男2人で静岡へ
 
目線の位置までレンズを持っていくと・・・
 
“キスの日”に男2人で静岡へ
 
寄せては・・・ 

“キスの日”に男2人で静岡へ
 
返す・・・波。
 
僕の見解を述べさせていただくと、前向きな心境ではなさそうですね。
 
そうこうしている内に撮影時間も近づき、ロケ地へと向かったのでした。撮影は23時スタートで終了が翌日10時予定、しかも終わり次第OFFなので予定通りであれば帰りに観光できるかなぁ〜なんて期待しつつ。

 

想いは通じる 〜朝霧高原へ〜

期待はしてたものの、実際は撮影箇所が多かったのと天気予報で雨だったので、軽く帰りの観光は諦めていたのですが、撮影店舗さまのご協力と雷さまのおかけで撮影は予定通り終了、雨も止みました。
 
それでは行きますかってなことで、帰り道にある観光地をググりました。
岩「どうやら朝霧高原っていい感じそうだよ?」

古「何が?」

岩「牛がいるって。あと富士山がよく見えるって!ソフトクリーム食べながら富士山見れるよ」

古「不良だねぇ」

はい、朝霧高原に決定。
 
朝霧高原
 
上の写真からも想像できるように、めっちゃ空気うまっ!!大草原と富士山。すごい自然が大きく見える場所です。残念ながら僕達が行ったところからは、牛が放牧されてるところは見えなかったのですが、牛がたくさんいるみたいであさぎり牛乳が名産みたいです。

 

朝霧工場

 

ここは道の駅の中にあるのですが、ここであさぎり牛乳を製乳しています。工場見学もできるのですが撮影禁止なんで中はお見せできませんが、製乳の工程が見れたり、試飲できたりするので子供は楽しいかも。
 
ただ、僕たちは大人ですから、そんなことよりも美味しいものが食べたいんです。工場のすぐ前にあさぎり牛乳で作ったチーズやバターを使った料理を販売するワゴンが。中を覗くと、「あさぎり牛乳で作ったモッツァレラチーズのピザ」と「あさぎり牛乳から作ったバターで贈るじゃがバター」だとさ。

 

もちろん、どっちも頼みます。

あさぎり牛乳
 
食べてみると・・・これがめちゃくちゃ上手い!特にじゃがバター。僕は実はじゃがバターはあんまり好きじゃないんですけども、これは5個食べれる。こんなにじゃがいもに吸収されるバターは初体験でした。マジでおすすめです。ちなみにこの味に虜になった僕と岩嵜はおみやげでバターを買いました。
 
 
 
 
食後のデザートはもちろん、「あさぎり牛乳で作ったソフトクリーム
 
あさぎり牛乳ソフトクリーム
 
これも牛乳の味がしっかり出てて、非常に美味しかったです。モ〜満足。
 
こんなところで今回の旅は満足感に包まれ終了です。三保松原朝霧高原のことを知ってた人もいるかと思いますが、僕達はこの撮影がなければ一生行くことがなかったと思います。そう思うと日本にもまだまだ知らない・行ったことのない素晴らしいところがあるのだと感じました。この出会いに感謝ですね。

 

最後に男二人で、遠近法の定番をしてお別れです。

朝霧高原
朝霧高原

 

男二人で何してんだか・・・

 

CONTACT

お問い合わせは以下から宜しくお願い致します。
担当者から折り返しご連絡がない場合は、お手数ですがまで下記までお電話ください。
03-4405-7433(平日9:00~18:00)