BLOG

【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!! | 岩嵜 和哉

以前、両親学級のことをブログで書きました(両親学級に参加してきました)が、あれから約二ヶ月後…ついに我が子がこの世に生を授かり、
私、岩嵜和哉は2016年6月3日(金)についにパパになりました。
 
みなさんからのお祝いのメッセージもいただき感無量でございます。。
みなさまありがとうございます。
そんな嬉しさもあり、生まれるまでのことを書き連ねたいと思います!
 

出産前日の話

実は6月2日が出産予定日でした。
私は仕事をしていましたが、そわそわ感が抜けず、、
生まれることを想像をしてしまうと何も手につかなくなってしまうので、なるべく考えないようにしていました。
社内のメンバーには出産予定日が近いので突然早退する可能性あります!とだけ伝えていましたが、
午前、お昼、午後、就業時間を過ぎても電話は鳴らず、、、何事もなく一日が過ぎて行きました。
 
ふっと嫁が5月30日の月曜日に言っていたことを思い出し「今週中には生まれそう」と言っていた。女の勘は当たります。
「明日か…」と私の心の中でも感じていました。
その日はやらなくてはいけない仕事があったので自宅で夜中までパソコンをしていました。途中で寝落ちをしてしまい気がついたら朝の4時になっていました。目が覚めてからまた仕事にとりかかったのですが、、、
 

出産当日

朝の5時前。
嫁が起きてきて「お腹痛いんだけど…」と、ぼそっと。
「えっ今日!?」と思ったのは正直な気持ちで、すぐに社内メンバーに、「今日休みます!」と連絡をした私はドキドキが止まりませんでした。。
しばらくすると周期的にお腹も痛くなってきていたようで、陣痛だと確信。
嫁が病院に電話をしたが、「7時位にまた連絡してください」ということだった。
 
7時ころ再度連絡をしたが、「9時前に来てください。」とのこと。
実はこの時電話の後ろで聞こえたのは陣痛に耐える妊婦の叫び声だったそうで、、痛みよりも電話から聞こえてきた叫び声が怖かったそうです。
私は「今すぐ行きたいんだけど!」と思ったのだが、意外と落ち着いてる嫁。
でもだんだん痛みが激しくなってきていて「痛い痛い痛い!」とうずくまる姿を目の前にしても背中を擦ってやれるくらいでした。
 

タクシーを呼び、いざ病院へ

朝8時30分
自宅から病院まではタクシーで10分もかからないところにあります。
痛くない時は普通に歩ける状態だったので、その時を見計らって病院へ。
タクシーの車内では誰も何も話さず緊張感が漂っていましたね。
 
病院到着。
着いてからすぐに検診、そして分娩室にに連れて行かれ再度検診。
段々と痛みが増してきていたことが隣にいると感じます。頑張れ。
私はしばらく外で待たされましたが中に入ってみるとお腹に機械を取り付けていました。
分娩監視システム「ベビーアクト」
 
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
 
モニター左側・・・赤ちゃんの心拍
モニター中央・・・陣痛の間隔
モニター右側・・・陣痛の強度
陣痛の強度はこのときはMAXで30前後でした。
 

陣痛室へ

10時30分ころ
陣痛室という割とリラックスできる部屋へ連れて行かれます。
この時には陣痛が来た最初のころとはだいぶ変わり、痛みも増加しており、布団を蹴っ飛ばしていました。
 
焦りと不安を感じる私。何時になったら分娩室へ行くんだ?と先が分からない不安に押しつぶされそうになります。
 
12時前お昼の時間に昼食が出てきました。
助産師さんは「体力付けるためにも薬だと思って頑張って食べて!」と言っていましたが、3,4口ほど食べたっきり後は口にできていませんでした。
残りは少し私も食べましたけどね(笑)
世のご主人方!食事は取れないし、トイレにも行く暇もないので痛みが激しくなる前に済ませておきましょう!!
 
この頃にはもう痛みが激しくまともに会話ができる状態ではなかったです。
両親学級の時に学んだことは陣痛が激しくなってきた時はおしりをグーで押してください!と言われたことでした。おしりを押すと少し楽になるんですって。
話では聞いていたんですが、この時テニスボールを使って押すといいということでしたが、助産師さんが本当にテニスボールを持ってきたことにはちょっとびっくりしました(笑)
必死に押す私。痛がる嫁。
頑張れ!!
 

14時30分ころ。
赤ちゃんの様子を見るため、再度ベビーアクトを装着。
助産師さんはすごい順調ですよ!と言い、分娩室の準備をしてきますねと。
陣痛の強度はMAXで30前後だったのですが、この時は99のカンストへ。。
おしりの押し返す力がすごく強くて「もっと強く押して!!」と叫ぶ嫁。
周期的に痛みがどんどん増していた嫁を見るだけ、何もできません。この時には声をかけてやることもできませんでした。とにかくこの痛みから早く解放してくださいと願うばかりです。
 

いざ分娩室へ

陣痛室の外へ出ると今まさに出産中の部屋から妊婦さんの叫び声が聞こえる中、私達も分娩室へ。
「準備するのでご主人は外でお待ち下さい。」
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
いよいよだ。。。
 
よくドラマで見るような外で待たされる旦那のような感じでしたよ。
立会を希望した私は助産師さんに呼ばれました。
立ち会う人は頭側からしか見ることはできません。
嫁の頭を擦るがどこかぎこちなくなってしまいます。
 
分娩室に入ってからは早い人でも15~30分ほどで生まれると聞いていました。
ですが、中々その時は来ません。
時間が経つにつれ、先生方も増えます。
 
体制を整えいざその時が来ました。
「下向いて!」「目開けて!」「一気にいきんでー!」「深呼吸してー!」と声をかける助産師さんたち。
一気にいきむと嫁の頭皮が真っ赤になっていくことがわかります。
あまりの痛がりかたと、いきみかただったので嫁はこのまま気絶してしまうんじゃないか?と私は真剣に思いました。
 
何回か山場が来たのですが、それでも出て来ませんでした。
このとき、ふっと先生方が耳打ちをしていた瞬間を見てしまい私はどうしようもない不安に押しつぶされそうになりました。
正直な話、この時マイナスなことが頭をよぎってしまいました。
でも、ここで自分が嫁とこれから生まれてくる子供を信じないでどうするんだ?と感じ、そして手を合わせて本気でお願いごとをしたのはこれが人生で最初で最後かもしれません。
 

出産のとき

陣痛の痛みが弱まったとのことで促進剤を打っていました。
陣痛促進剤は陣痛を強めることで、赤ちゃんが軌道修正して上手に回れることがあるそうです。
 
それから助産師さんたちもここしかないと言わんばかりに全員で嫁へ声をかけてくれていました。
「次で生むからねー頑張るんだよー!」という助産師さん。頷くことすら出来ない嫁、祈る自分。
 

そして、山場が来た。

 
いきんで、いきんでみるみる赤くなる嫁、すると助産師さんが
「はい!もう力抜いていいよー!おめでとうございますー!!」と言ってから数秒たった後「おぎゃー」と鳴き声が聞こえました。
 
15時から分娩室に入ってから約2時間。
2016年6月3日16時47分
我が子誕生。女の子です。
その瞬間、私は涙をこらえることができませんでした。
いろんな感情が混ざっていましたが、ただの嬉し泣きですね(笑)
 
泣きながら、生まれたばかりの嫁と子供の写真を撮影。
それから私と子供は別室へ行き、身体を綺麗に拭いたり身長体重を測っていました。
 
「身長を測る我が子」ウィンクしてるね!
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
「体重を量る我が子」2574g
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
 

「服を着せられる我が子」
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
 
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
 
「顔ドアップ」
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
 
「初めての抱っこ」
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
 
自分の子供がこんなに可愛いとは思いませんでした。
そしてママと対面。本当にありがとう。
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
 
この日は朝から付きっきりだったこともあり疲れもあったため、しばらくして帰宅しました。
自宅について一人でビールを開けたことは言うまでもありませんね(笑)
ほろ酔いで思い出しながらまたほろり。。
 

出産立会を終えて

出産の立会を志願して良かったです。
こんなたくさんの感情が入り混じって感動的なシーンに立ち会うことができたことに、感謝しかありません。
当日仕事のフォローをしてくれたり声をかけてくれたLIFE STYLEのメンバーに感謝。
我が子を取り出してくれた助産師さんたちに感謝。
おめでとうとメッセージをくれた友人に感謝。
親に感謝。
そして何より頑張ってくれた嫁に感謝。
 
子供が生まれるってことはたくさんの人の優しさに触れられることでもありますね。
そんな僕は幸せものです!ありがとう!

 
私は翌日病院に行き、ずっと抱っこしたりほっぺいじったりしました(*^^*)
気がついたら6時間以上も居座っていた。
赤ちゃんは飽きない。とよく言いますが、このことだったんですね(笑)
 
出産から時間が経ち、だいぶ顔もしっかりしてきてますます可愛くなってきました!←親ばか
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
気がついたらあっという間に大きくなってるんでしょうね。
どんな子になるんだろうなーどう育てていこうか。
 
これからは親として育てる立場になりました。
一段と仕事にも力を入れていきましょう!
これからも岩嵜をよろしくお願いいたします!
 
【ご報告】2016年6月3日私、ついにパパになりました!!
 

CONTACT

お問い合わせは以下から宜しくお願い致します。
担当者から折り返しご連絡がない場合は、お手数ですがまで下記までお電話ください。
03-4405-7433(平日9:00~18:00)