BLOG

両親学級に参加してきました | 岩嵜 和哉

私事ですが、、
2014年8月に入籍をし早1年と8ヶ月が経ちました。
 
実は今年、2016年6月2日に子供が生まれます。
女の子です。
名前はまだ決まっていません。
まさか自分が親になるなんてまだ信じられませんが、日が経つにつれお腹も大きくなるし、身の回りの物も揃えてきて、ベビーカーや、服や布団を購入し、徐々に子供が生まれるという実感が湧いてきました。
 
私は出産に立ち合うことにしています。
立ち合い予定の方は出産までの流れや、注意事項を把握しておく必要があるとのことで参加必須となっていたため先日両親学級なるものに参加してきました。
 

両親学級の内容は?

・お産までの流れのDVD鑑賞
・立ち合い分娩の注意事項
・分娩時の補助動作・呼吸法
・妊婦体験ジャケット着用
・自己紹介
・病棟案内
・実際の赤ちゃんで沐浴見学
 
14時から2時間30分というアジェンダになっていました。
ちなみに受講料は1組¥3,000です。
 

参加者は?

私たち含め全部で8組のご夫婦がいました。
少し驚いたのはみなさん意外と年齢が高かったこと。
あくまで見た目ですが、20代は私たちだけだった思います。
高齢出産と言われる方も参加しており、自分たちが若かったことに驚きでした。
中には2人目を出産される方もおり、1人目とは病院が異なるため参加をされたのだとか。
 
そして講師の人は助産師の方ですごくテキパキ話をするおばちゃんが担当。
段取りが良く、ハキハキと早口で自分のペースに巻き込むようなトーク。
やはりこのくらいガツンとしていないと助産師さんなんて勤まらないんでしょうね。。
いろいろと学ぶことも多かったです!
 

立ち合い分娩

自分自身、当日そわそわして落ち着いていられるかかなり不安で仕方ありません。
立ち合い出産を経験した友人から聞くところによると「嫁があんなに苦しんでいる姿は見ていられないけど、絶対に立ち会ったほうが良い。」と言っていました。
立ち合い分娩を申し込みをする際に、立ち合い分娩をする理由を記入する項目があるのですが、
「これから何十年と同じときを過ごす自分の子供が生まれる瞬間を見ないわけにはいかない。一生に一度しかない子が生まれる瞬間に立ち会いたい。」と書きました。
楽しみと不安が入り混じってなんだかよくわからない感情になるときがありますが、とにかく元気な子が生まれてきてくれたらそれだけで良いです。
あとできればかわいい子がいいですが…(笑)
 

妊婦体験ジャケット着用

実はこの項目を楽しみにしていた私。是非体験してみたかった!
ただ着用するだけでなく着用した後にノルマがあります。
 
1.立ち上がる
2.座る
3.靴下の着脱
4.仰向けに寝る
5.立ち上がる
 
この一連の動作を行います。
その時の様子がこちら。
 
「立ち上がる」
両親学級に参加してきました
 
「靴下の着脱」
両親学級に参加してきました
 
「仰向け」
両親学級に参加してきました
 

「立ち上がる」
両親学級に参加してきました
 
両親学級に参加してきました
 

これ見た目はかなりシュールですが、妊婦体験ジャケットは10kgあり実際着用してみるとかなり重いです。そして腰にきます。
最近嫁が「腰が痛い」ということもほんの少しですが理解できました。
掃除とか洗濯、何よりしゃがみ込むこと自体が一苦労ですね。
これを脱いでからトイレに立ったのでですが、身体の軽快さに驚きましたよ。
 
いや~良い経験になりましたよほんと。
この経験も一生ないでしょうね(笑)
 

さいごに

この両親学級のさいごに実際のまだ生まれたばかりの赤ちゃんをお風呂に入れているところを見学ができました。
実は姉が早くに子供を出産しており見てきてはいましたが正直自分ができるかかなり不安ですね。。
よく子育てしてると、二の腕がたくましくなってくると言いますが、なんとなくわかってきました。
 
この両親学級は貴重な体験でした。
私たちが出産する病院では立ち合いをする方は必須でしたが、是非この両親学級は参加したほうが良いですね。
 

CONTACT

お問い合わせは以下から宜しくお願い致します。
担当者から折り返しご連絡がない場合は、お手数ですがまで下記までお電話ください。
03-4405-7433(平日9:00~18:00)