BLOG

メールの時に便利なワザ特集 | LIFE STYLE 広報

昨今スマホからメールや、LINEで連絡を取り合うのは当たり前ですが、
やはり、打つ早さや画面の大きさから言ってもやはりPCのほうが断然良いです。
スマホはLINEやメッセージ機能に優れているので、
“メール”となるとやはりまだパソコンですね。
私事ですが、最近iPhoneからNexus6へ携帯を変更しました。

 
S__1744915
 
iPhoneからNexusに変えるときは本当に迷いましたが、変えて良かったです!
片手だと操作しづらいですが、
画面大きいから動画も見やすいし、カメラ綺麗だし、音もステレオだしかなりお気に入りです☆
 
と、なんともメールのワザ特集に繋げづらい始まりかたですが……
 
本編に入りたいと思います。
今回はタイトルにあるように、メールの時に便利なワザをご紹介します。
Gmailを仕事で使用している都合上、Gmail寄りの仕様な箇所もあるかと思いますが、
文字を打つときに便利なワザがほとんどなので是非活用してください♪
 
基本的にマウスやトラックパッドまで手を持っていくのが面倒なので、
キーボードだけで簡潔できるようにできるようなワザです。
 

1.文字の選択

例えば文の左から一番右の部分まで選択をしたい場合、
一々マウスを使って左をクリックして一番右までドラッグして…
 
なんてめんどくさい!って方に持ってこいの技です。
 
こんなとき↓
文字の絵選択01
↑これを
 
こうしたいとき↓
文字の選択02
 
「MACの場合」
“command” + “shift” + ”→”
 
「Windowsの場合(MACでも可)」
“shift” + “↓” shift押しながら ”←”
 

基本的な操作としてMACはcommand押しながら”→” or “←” or “↑” or “↓”をすると
その文の一番端にカーソルが移動します。
プラス、shiftは選択を機能とするキーなので、端っこまで選択されるわけなのです!
選択に限らず、「command + 矢印」 だけでもかなり使えます。
 
ただしWindowsの場合は”Ctrl” + “→”or”←”は単語毎に移動するので、
Ctrl + → はあまり使えないですね。
 
なので“shift” + “↓” shift押しながら ”←”がかなり使えます。
どちらか使いやすい方で活用してください!
 

2. 文字の削除

これも1.の操作方法とあまり変わりませんが、
その文章をまるまる消したいとき、
 
“command” + “delete”
 
カーソルから左の文章が全て削除されます。
これも覚えておくと何気に使う頻度が多いです。(メールの文をよく書きなおす私だけかもしれませんが…)
 
Windowsの場合はこちら
“Ctrl” + “back space” を押すと単語毎に消えていきます。
これはあまり効率が良くないので
1. のワザを応用して、
その行を選択後、”back space”が効率が良いですね。
 
頭の片隅に入れておくと便利な技です☆
 

2-2. 文字の削除

カーソルの右側の文字を削除したい場合
→を押して消したい文字の右側に持って行ってdelete…
僕はこれがめんどくさかったので、、これを使ってます。
 
「MACの場合」
“fn” + “delete”
 
「Windowsの場合」
“Del”
 
これは意外と知らない方が多いのでは!?
 
なかなか使えます
 

3. 元に戻す・やり直す

これは知っている人がほとんどかもしれませんが、、
 
間違えて消してしまったり、誤字を打ってしまったときに役立つショートカットキーです。
 
〜元に戻す〜
「MACの場合」
“command” + “Z”
 
「Windowsの場合」
“Ctrl” + “z”
 
元に戻すをやりすぎてしまった時に”やり直す”ということもできます。
 
〜やり直す〜
「MACの場合」
“command” + “shift” + “Z”
もしくは
ExcelやWordなどの場合
“command” + “Y”
 
「Windowsの場合」
“Ctrl” + “Y”
 
これはメール以外にもExcel、Wordでも大活躍するショートカットキーなので是非覚えておいて下さい!
 

4. ローマ字に変換

ローマ字で入力したかったのに、間違えて日本語入力で打ってしまった。。
なんてことは日常茶飯事過ぎますよね。
そんな時に活躍するのがこちら
 
「MACの場合」
“control” + “:”
もしくは
“英数”を2回(ローマ字入力になります。)
 
“fn” + “F8″でも同じなのですが、
指の置き位置的に効率が良いのは“control” + “:”だと思いますね。
 
「Windowsの場合」
“F10”

 
ちなみにカタカナ変換は下記が便利です。
 
「MACの場合」
“control” + “K”
 
「Windowsの場合」
“無変換”
 
これはかなり使う、使えるワザなので覚えておいておいたほうが良いですね!
 

5. 文字の変換

例えば、、
「今年もよろしくお願いいたします。」
と入力したいときに
こんなぐちゃぐちゃになってしまうときありますよね?
 
あるよね!?(念押し)
文字の変換01
 
これを部分で変換できる機能はご存じですか?
 
そうです。
 
“shift” + “→”or”←”です。
 
文字の変換02
↑これが
 
こうなります(※顔文字は付きません。)
文字の変換03
 

まとめ

1.文字の選択はかなり応用ができるので、
これはメール効率がかなり良くなります!
覚えておいて損はなし!!
 
あと変換については、
個人的にはGoogle日本語入力が良いかと思います。
文字予測や、よく使う単語の予測変換が便利です!
 
読みながらすぐに実践してくれた貴方。
ありがとうございます!
 
もうこんなの常識だし知ってるよ!って方
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
また次回もよろしくお願いします^^
 

CONTACT

お問い合わせは以下から宜しくお願い致します。
担当者から折り返しご連絡がない場合は、お手数ですがまで下記までお電話ください。
03-4405-7433(平日9:00~18:00)